2015年10月15日(木)

定例会参加申し込み中です!

S__20151015_15_25_44

今回のテーマは「脳卒中看護に補完代替療法を取り入れる~急性期から在宅まで~」です。
最近の研究論文では脳卒中患者が補完代替療法を取り入れている割合は50%とも67%ともいわれ、その多くがマッサージであるという報告もあります。補完代替療法は脳卒中患者の療養生活上のさまざまな身体的苦痛を緩和し、患者のQOLを向上させる方法であると言えるでしょう。これまでも看護師は手を使って患者に触れ、さすり、もみほぐす、という行為を自然と行い、痛みが和らぐ患者の姿を看てきたと思います。今回の研究会は、看護師が実践に取り入れることのできる補完代替療法の知識と技術をしっかりと学習できる貴重な機会ではないかと考えています。
どうぞ、皆様のご参加をお待ちしております[E:sign03]
お申し込みはお早めに!

2015年09月16日(水)

第4回 脳卒中研究会定例会のお知らせ

2015__0813_3

      ↑クリックして画像を拡大できます!

今年で第4回になります 脳卒中ケア研究会定例会 を 12月19日(土) に昨年と同じ会場の 千里金蘭大学 にて開催致します[E:sign03]

今年のメインテーマは「補完代替療法」です。 アロマセラピーなどがよく知られていますが、他にも補完代替療法と呼ばれる者は多数存在します。  その療法がケアにどのように役立てることができるか、考えていきたいと思います。

皆様の積極的なご参加をお待ちしております[E:shine]

お申し込みは以下のURLよりお願い致します。

http://www.strokecare-net.jp/meeting.html

2015年06月30日(火)

平成27年度第1回 “脳ネットサロン”のご報告

こんにちは。
梅雨のない北海道以外は全国的に梅雨の時期となり、雨・雨・雨・・・・のようです。
国内さまざまな所で火山が活性化し、心配も絶えません。

 

さて、今年度最初の脳ネットサロンを過日6月27日(土)に開きました。
今年後のサロンでは、皆様の『臨床研究支援』ができればと思ってご案内をしております。
Okashi
  いつものようにテーブルにはお茶とお菓子を並べて・・・・日坂先生が徳島から『棒ういろ』を持ってきてくれました。これがまた本当においしかったですよ。
お菓子の話はそのぐらいで・・・・・。

 

今回は3名の方が来てくれました。ありがとうございました。
それぞれの方が研究にまつわる課題をお話ししていただくところからはじめました。
Sankasha

 

「今、口腔ケアの研究に取り組んでいるが効果の検証をどのような視点で見るのが良いのか」、「外来で脳卒中相談をしているのだけれど研究的な取り組みは可能なのか」、「新たな取り組みをしているのでそのことをどのように整理できるか」、「ある事例の看護を研究的観点で整理することはできるか」などなど・・・・。改めて現場が研究の宝庫なんだと実感させられました。

 

そして、研究疑問や研究課題に応じて3つのグループに分かれて話を進めていくことに・・・・。もう、熱心な話し合いがあっちでもこっちでも・・・・。
時間はアッという間にすぎ、17:00になってしまったのです。

 

参加者の方はそれぞれご自分の抱えていたモヤモヤがすっきりとしたのだと思います。「こう考えて組み立てればいいのか・・・」「見方を変えるとまたできることが広がる」「脳神経の学会に間に合わせて発表できそう」などなど、最後はそんな声もきかれました。

 

一緒に議論に参加したスタッフメンバーは「勉強になりましたね」「おもしろかったですね」「成果を教えてくださいね」と率直な思いを伝え合っていました。
本当に面白かったです。
Hanasiai_2

 
参加者の感想から~[E:note]

 

「今回初めて参加させて頂き、研究の課題が明らかになりました。

口腔ケアの有効性を導き出すにあたり、明確なデータの出し方が分かりました。
認定看護師としての活動のあり方についても、課題が出来、日々の活動を有意義なものにしていきたいと思います。」

 

「事例研究に対するご指導を頂き、ありがとうございました。目からウロコ。まとめるにあたり、悩んでいたのですが、何を発信したいのか、何に気づいたのか等等、寄り添う看護について語る時間を過ごすことが出来ました。事例はほとんどナースサイドからの視点で考察しがちですが、患者の目線で本当に考察しているか、に気づくことが出来ました。」

 

「看護研究の悩み相談ということで初めて参加させて頂きました。
個別に相談に載って頂いてあやふやだったことが的確なアドバイスを頂きとてもよく分かりました。参加してよかったです。ありがとうございました。」  などなど・・・・

 

今後も、みなさんのご参加をお待ちしています[E:shine]
次回のサロンは1月です!少し間が空きますが、会員の皆様はそれまでにご相談があればメールでお知らせください。
12月の研究会にもお越しください。

2015年04月20日(月)

平成27年度 第1回 脳Knowネットサロンのお知らせ

Photo_2
春といっても、雨が多い関西地方・・・。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
平成27年度の『脳Knowネットサロン』に関してお知らせをいたします。
今年度のテーマは【看護研究支援】としました。実は、皆様が日々活動している臨床には研究の種がいっぱい、というは良く耳にすることです。しかし、「気になることがあって研究的活動をしたいと思うがなかなかできない・・・」とか「調査はしてデータがあるけどどんな分析ができるのか・・・・結果をどのようにまとめていけば良いのか?・・・」「研修で研究計画書作成の課題が出たけどどうしよう・・・・」といったことを感じたことはありませんか?
そこで研究会では看護研究活動のプロセスに脳卒中ケア研究会がお手伝いできないだろうか、と考えました。
直近では、10月に日本脳神経看護研究学会が開催されます。“演題募集の受付期間は2015年5月25日(月)正午~2015年7月10日(金)23:59まで”、です。多くの皆様が研究成果を発表されることと思います。どうぞ脳Knowネットサロンをご活用ください。
なお、今年度の「脳卒中ケア研究会 脳Knowネットサロン」の開催日程は下記の予定です。
第1回:平成27年6月27日(土)15:00~17:00
第2回:平成28年1月30日(土)15:00~17:00
いずれも場所は、
場所:千里金蘭大学 3号館1階 です!
【参加申し込みについて】
1、脳卒中ケア研究会ホームページからメールでお申し込みください。
http://www.strokecare-net.jp/
2、参加費:会員無料・非会員\500
たくさんのご参加、お待ちしております[E:shine]

2015年03月20日(金)

第3回 脳ネット実践セミナー報告!

平成26年度「第1回実践セミナー」&「第3回脳Knowネットサロン」開催しました。
平成27年3月7日(土)13:00~
Seminor_1
実践の講師は、研究会のシンポジスで「みどりヶ丘病院」口腔衛生士の神田紀子氏です。
参加者は15名(研究会スタッフを含む)でした。
神田先生のデモンストレーションと、実際の患者へのセラピーのビデオを確認しました。
使った物品は、デンタルブラシ(これがとってもやわらかい!!)・吸引用デンタルブラシ・歯間ブラシ、そしてコップに入れた微温湯でした。その後3名1グループとなり、実施者-患者-観察者をローテーションしながら実践しました。
演習の様子・・・
Seminor_2
吸引用デンタルブラシと通常のデンタルブラシの“二刀流“です。わかりますか?

Seminor_3

口腔内をよく観察することの大切さや喀痰のたまりやすい部位やその除去の方法なども意見交換しながら学びました。

やっぱり看護師は「実践できないと意味ない」と実感しました。患者の口腔衛生に関しては、看護師が毎日きっちりとやっていく意識と技術を持ち合わせていることが大事!。脳卒中の患者で経口摂取ができない患者は特に看護師の責任で口腔衛生は維持させなければなりません。肺炎予防はもちろん、経口摂取への準備状態を整えることにもなると思いました。
そして、人としての尊厳!これも大切な観点です。「口臭がない」「口がきれい」といったごく普通の生活状況を守っていくのも看護師の責任だと思います。
今回は、口腔衛生の専門家神田紀子氏からの技術の伝達をしていただきました。実践セミナーはおもしろかったです。またニーズに合った実践セミナーを企画をします。楽しみにしていてください。
この後「脳Knowネットサロン」の場所に移動し、セミナー参加者6名、講師の神田氏、研究会メンバーでサロンの開始です。
Img_0514_1024x765
例のごとく、テーブルにはお菓子満載!紅茶や珈琲や好きな飲み物あれこれ。本日は実践をした後なので甘いものは本当にうれしかったです。
セミナーの時に十分に確認できなかった質問や感想なども聞けましたし、実践教育のお話などいつのもように話は広がる広がる~~。
2時間のサロンはアッという間に過ぎてお開きになりました。
皆さん、どうもお疲れ様でした。
※4月中旬ごろにホームページで27年度の年間計画(サロンや実践セミナー、研究会の日程と内容)をお知らせします。時々覗いてくださいね。

1 7 8 9 10 11 12 13 14 15